スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -

大きな空を廻る

JUGEMテーマ:トイデジ
 
観覧車
観覧車:VQ1015 ENTRY+picnik Lomo

そらをめぐる

小さな・・・なんてことの無い遊園地・・・

小さな・・・子供から見たら、何処までも高く大きい
小さな・・・記憶から見たら、何処までも懐かしい

馬鹿にはできない、空の高さと青色に向かって

空を廻る

にほんブログ村 写真ブログ トイデジカメへ

観覧車の足元に立って、パチリしていると
『わぁっ〜!!ママぁ〜とってもぉ〜おおきいねぇ〜!!』
って、可愛らしい男の子の声が聞こえました

VQ1015ENTRY | comments(5) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

- | - | -

Comment

ichi-gou | 2009/11/08 01:39

>Jet Linkサン

こんばんわ!返信コメント遅くなってゴメンね!
夜勤明けのときは、殆どスライム状態で・・・
人間に戻って来るには時間がかかります!

田舎に帰ったときに、オイラも自分の幼少期
をすごしたところに行ってみたいって思って
ます・・・いまだ叶っていないですけどね〜!

感覚を大切にお互いにステキな写真と巡り
あっていきましょうね!

- | 2009/11/07 19:42

管理者の承認待ちコメントです。

Jet Link | 2009/11/07 08:05

田舎を出てから久しぶりに帰省し、子供の頃通った小学校までの道を歩いたとき、町全体が小さく感じたり、傘を持って飛び降りた、高いと思っていた土手が想像以上に低かったり...
子供と大人では観ている世界が全然違うんだなと思ったことがありました。
大人そして親としてしっかりしなければならないと思う反面、子供の目線、気持ちいつまでも忘れたくないと思う、今日この頃です。

ichi-gou | 2009/11/06 23:10

>Airサン

確かに、写真を撮るようになってから
色んなことに気づくし、またソレを
受け止める感受性も随分と蘇って来たと
思いますよね。今日ね、夕方にNHKの
NEWSでポラロイドの復活とトイカメラのコトが話題になってて、『今の時代の
スピードと違った感受性も大切にする』
人が増えたといってました。
デジタル化もフィルムも関係無く、感覚
を大切にしないといけないなぁ〜って
改めて考えました。お互いにステキな場面
に数多く出会えるようにがんばりましょうね!

Airのように | 2009/11/06 11:52

子供の頃はとっても大きく見えても、今じゃ何てこと無いようなものが沢山あります。
でも、写真を撮り始めてから見方が変わったように思えます。
デジ一に感謝です!

Trackback

http://colorful-ion.jugem.jp/trackback/268