スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -

 
春告草
春告草PEN EP-2+35mm macro

何故なら・・・その花言葉には

『高潔』 『上品』 『忍耐』 『忠実』 『独立』
『厳しい美しさ』 『あでやかさ』 『気品』

どれを取っても、妥協が無い・・・

『下を向いて歩く季節は、終わりました・・・
 ゆっくりと顔を上げて、明日に想いを馳せましょう』

と本当に『告げる』ように微笑んでいる気がします

『春』に向かい高揚する『心』を励ますステキな
花なのだと、心から思います

にほんブログ村 写真ブログ トイデジカメへ

日本の文化が成熟した『奈良時代』には
花と言えば、『梅』だったそうです・・・

桜が重宝され始めたのは、平安時代から・・・
『花見の風習』は、江戸時代から定着したそうです

家を代表する『家紋』には、梅が良く使われました
強さとしなやかさ、学びたいものです

| |

春告草

JUGEMテーマ:
 
春告草
春告草:PEN EP-2+35mm macro

梅の花の別名を・・・

『春告草』と言う・・・
満開の梅の木の下へ足を踏み入れると
なんとも『甘酸っぱい』柔らかな香りに包まれる

そこから、『匂草』
風に流れる香りの良さから『風待草』とも言われる

『待ち遠しい春を、いち早く告げる』

厳しい『冬』が、『春』に向かい始めたことを・・・
土が春を迎える準備を始めたことを・・・

心にそっと、伝えてくれる優しさに溢れているような
気がしてならない

その優しさは・・・

『肩を窄め、下を向いて歩くことを許してはくれない・・・』

そんな強さを兼ね備えている

OLYMPUS PEN EP-2 | comments(4) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

- | - | -

Comment

ichi-gou | 2010/02/20 02:38

>chuchuサン

博識高き、コメントを有難うございます!
そして、返信が遅くなりました、ゴメンなさい

オイラは、3月生まれでコトの他、『梅』は節句に
因んで、始めは苦手でしたぁ〜!!だって、誕生日が
節句と同じように扱われたから・・・

でも、『梅』の意味を知るほど、ステキなことが
分り、そして今回のchuchuサンのコメントで
より良い話しも聞けました、有難うございます!

chuchuサンが言うように、『日本画の屏風』
は、まさに『梅の気品』を表しているなぁって
ことさら、感心しました、オイラは狩野派が好きなので
とっても馴染み易く、素晴らしさを更に実感しました!

『桜』=『武士道』は、チョッと切ないですねぇ〜
『散り様』より『生き様』を重視したいものです
覚悟って言う意味では、男子の本懐なのでしょうが・・・

また、色々と教えてくださいねぇ〜!!

chuchu | 2010/02/18 16:12

風待草とか香雪、或いは百花魁とも言いますね。それほどに親しまれている花ということでしょう。まして梅は早いところでは二月初旬くらいから咲きますから、旧暦でいうと丁度新年に当たります。新年はすなわち春の始まりであり、現在の梅が咲けばもうすぐ春ということではなく、梅が咲けば春そのものだった訳ですね。

おっしゃっているように平安時代から花と言えば桜と変遷しましたが、武士の登場を機に、その潔い散り方から、武士道と相まって、花といえば桜ということが定着してしまいました。

しかしながら梅そのものの良さは変わりが無いわけで、目白や鶯が梅の小枝を飛び交う様は、まさに日本画から抜け出したような雅やかさがあります。

一輪でも梅、これこそが桜と梅を分けるところかも知れませんね。桜は満開でないと桜らしくありませんからね。

ichi-gou | 2010/02/18 11:43

>美羽サン

一枚目の写真は、オイラもとっても気に入ってます!
珠ボケの雰囲気は、ヤッパリ印象をUPさせて
くれますよねぇ〜!!

逆光の点光源で、ふわって浮かび上がりますから
K-xでも、やってみてください!ただ円形絞り
じゃ無いから
あまり広角に撮らずに撮影してねぇ〜!!

文章のセンスは、ni-gouサンにも何気に
誉められたりします、Blogを勧められたのも
ソコが買われたからだと思います!
誉めて頂き、とても嬉しいです!ありがとう!

後ね、コメントにURLも入れてくれたら嬉しいな〜!!
そしたら、ウチに来る『デジイチなお兄さんとも』
仲良くなって、色々と教えてくれるかも??って思うよ!

美羽 | 2010/02/18 07:16

わぁ〜。素敵♪
1枚目の写真が特に気持ちを高ぶらせます♪
背景が上手い具合に水玉になって、
梅の花をより一層引き立てているカンジがする。

梅の花には、桜にはない気品と優雅さが漂いますね♪

ichi-gouさん、作家やなあ(*´∇`*)

文章のセンスが良すぎますよー。

Trackback

http://colorful-ion.jugem.jp/trackback/339