スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -

 
えがお
えがお:PEN EP-1+m.zuiko 14-42mm

この写真は、ベトナムの女子高生のポートレート

ナカナカ、コンナ感じに自然に、笑顔って撮れませんねぇ〜
オイラは、撮るのは大好きだけど・・・撮られるのは、ニガテ!

ni-gouサンも、同じような感じ・・・
一緒に居ても、撮るには撮るけど、ナンカぎこちないです・・・

柔らかな雰囲気と『愛情』をメッチャ素敵な空間に切り取るのは

彼女が切り取る世界観は・・・彼女が書いている言葉・・・
『感じたことを、感じたままに、話そう。』に集約されてます

色や優しさって、人それぞれ、そんな感性を彼女のムスコッチ
が見ても、きっと、すんなりと馴染むんじゃないかなって思う
雰囲気をジンワリと作り上げています

いつか、ムスコッチが色んなコトに気づくようになったときに
振り返るように、絵日記のように見返しても伝わる優しさが
溢れているなって思うのです

『優しさって飾る事じゃない』って見ていて思うんですよねぇ!
ヤッパリ、『被写体』に対する愛情って、大きいのですねぇ〜
ナチュラルって、みんな大好きな『言葉』だけど・・・

それは人それぞれ、その事を認める気持ちを教えてくれます


ねこ
ねこ:PENTAX K-x+TAMRON 90mm macro

そして、『被写体な話し』の最後をまとめるのに・・・
いつか、オイラがこんな風に、自分を語る大人に
なりたいなって思う人・・・

最初はね、ぶっちゃけ・・・固めの大人の雰囲気!って
オモッチャってますたが・・・

ドンドン知っていくうちに、その年齢(ハッキリ知りません)の
大きさと比例する『大人目線』なステキな写真をストレートに
ダイレクトに見せてくれるのです

動物園、水族園、植物園、小旅行ときっと、大切な家族の絆と
ともに訪れたところで、ピリッと小気味の効いたステキな写真を
さりげなく切り取ってくるのです!

きっと、ご本人は、『何のことも無い』写真ですよって
サラリと笑っちゃうのかもって思うのですが・・・時間の大切さを
知っているからこそ、一枚一枚が丁寧なのです

ご本人の雰囲気や嗜好の傾向が、多岐に渡ってる分、感性と
吸収力が強くって悪い意味でなく『頑固な一面も』垣間見ます
ソコも『年齢を感じるオヤジ感』でオイラの好みでもあります!

今日は、『被写体な話し』をオイラ的に、一生懸命書いてます

ココまで書いて、本当に上手く最後は、マトメラレルノカナ??
ってメッチャ、不安になってますが・・・

紹介した皆さんのお話や、netで、雑誌で見かけたりする
『素敵な写真』などは全て、その方が持っている『愛情の目線』
が反映してキラキラと輝くって思うのです

いつまでも『この世界がまじりっけのない感動』に満ちていると
信じている自分でいたいって思います

『何のことも無い』って見過ごすことの無いように愛情を傾ける
そのココロにきっと、お返しをくれる・・・それが『被写体』ですね


にほんブログ村 写真ブログ トイデジカメへ

夕方に書きますね宣言しますたが・・・
3時間もかかっちゃいますたぁ〜

しばらくは、こんな長い記事、きっと書くことは出来ません!
(笑)

| |

被写体な話し

JUGEMテーマ:OLYMPUS PEN EP-1

えがお
えがお:PEN EP-1+m.zuiko 14-42mm

えがお
えがお:PEN EP-1+m.zuiko 14-42mm

ココのところ、チョッと長めの記事を・・・
皆さん、ヨクヨク我慢して読んで頂いて・・・
ホンマにおおきに、アリガトウございますぅ〜

『撮影の話』から始って、『○○な話し』の第3弾!
今日の『被写体な話し』で・・・一応、今回のシーズンは
終了というコトになります〜!!

いつもならmonologueで、1人独りのサイトを書いちゃう
んだけど、複数のステキなサイトの人の話を混ぜちゃうから
今回は、こういうカタチにさせて頂きますたぁ〜

文中Linkをさせて頂いた皆さん、とっても感謝しております!

ではでは、お話しに・・・

上の二枚は、ベトナムに行ったときに、ホーチミンの
通りでニッコリと笑ってくれた『まじりっけの無い笑顔』
カメラを向けて、最初は嫌がっても。。。満面の笑顔!

写真していて、一番嬉しいときでもありますねぇ〜!

でもね、ヤッパリ『被写体』選びって、ドンだけパチリしていても
ホンマに、難しいなぁ〜!!って思うわけ・・・

『写真』を再び、始めて・・・しかもノーファインダーなトイデジ
VQ1015Entryから始ったとき、何でもイイから(?)・・・

「撮りたくて、撮りたくって・・・メッチャ撮りたくってぇ〜!!」
仕方なくって、No lookな写真の魅力に獲りつかれていた
時の自分とは、今は、明らかに違っているのかも・・・

帰り道、『寄り道』しない自分を・・・『どないしたん?』って
自分にツッコミを入れそうになりますぅ〜(笑)

ココロの中の声は、『お前、エラなったなぁ〜!!』って
イタイところを突いてきそうです。。。
でもね、『ステキな感動力』に反応する自分だけは・・・

失っちゃイケナイよねって、自分では、思ってますぅ〜!!
(ドンだけ自己愛つよいネン!!苦笑〜)

そんな中、イチバン思うことは・・・
『被写体』に対する自分・・・そう、愛情のちから・・・

ウチのLinkにその気持ちを、必ず思い返させてくれる方々が
居ます・・・
それぞれの優しい視点が『ちから』を教えてくれます


メッチャ、イケメンなワンコ『天祥クン』の優しいママ!
天チンが見せてくれる『上目遣いなつぶらな瞳』はママへの
全幅の信頼を示していて、愛情イッパイなのですぅ〜!

『被写体』的なお話しなら、ソレは『ペットなお話し』なんだけど
そんなカテゴリをぶち壊す、愛情を写真から感じるのです・・・

それだけではなく、彼女と天チンのお散歩そのものが・・・
最初から作品の一部なんだろうなぁ〜って感じるのですぅ!
きっと、足元にはいつも、いるんだろうなぁ〜って思うのです

写真が大好きなamuka*サンの愛情と『トイデジ目線』で
切り取られる『瞬間』は、新鮮で驚きも多いのです!!

きっと、お茶目な二人(?)の楽しい時間がキラキラと反映して
いるのだと思うのです

K-x&EP-2 | comments(8) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

- | - | -

Comment

ichi-gou | 2010/06/10 21:48

>amuka*サン

お返事、随分遅くなりますた
ゴメンナサイ!

>キレイだな、美しいな、かわいいな、
寂しいなと、これからもその時感じた想いを
写真に残せるように精進します♪

コレコレ!
コレが『まじりっけのない感動』でしょう!
真っ直ぐな自分で、向き合うと必ず何か、返って
きますよねぇ〜!!

amuka* | 2010/06/09 12:34

うわわっどなしたらええんやろ〜(汗
ステキな言葉を添えてのご紹介、本当にありがとうございますm(__)m
何度読み返してもこっぱずかしいですし、そんなに褒められたら木どころかスペースシャトルの勢いで宇宙まで登っちゃいますww
なんの目的もないblogで日常をたらたらと書き綴るだけですが、笑いの精神と天祥への愛だけは詰まってますw
「まじりっけのない感動」いいですね^^
キレイだな、美しいな、かわいいな、寂しいなと、これからもその時感じた想いを写真に残せるように精進します♪
本当にありがとうございました^^

ichi-gou | 2010/06/09 00:58

>chuchuサン

「ほんまに子供やな!」って、言われる男で居たい!
って男としてはオイラは、メッチャ大切なコトやと、本気で
思います〜!!

大人になると、女性は時間と共に、『子』と共に
生きていくと思います
何であれ、女性はその時間と向き合い愛されますね〜
その時間を共有する『子供』たちに・・・

オイラは、まだまだ知らない世界でしか無いのですが
自分が生きた時間の長さから、察しぐらいしか
つきませんが・・・
その『大きさ』の強さを知っているから・・・
その陰で男性が芯を作るには、chuchuサンが
語る言葉の端々のように、『自分に出来ないもの』を
知った上で、雄大に大きな『母』=『愛する女性』
と男性として向き合える愛情を待つことなのだと
思うのです
『愛するコト』ってまだまだ、語れないのですが・・・
『妻』が喜ぶ顔ってオイラには、とっても大切です!
そのために、生きてるところも在ります!

今回は、とっても生意気な記事に賛同頂いて
本当に有難うございました

ichi-gou | 2010/06/09 00:40

>tamaサン

いやいや、オイラは・・・言葉を綴るには、能が足りない
だけですよぉ〜
出来るだけ、話すように書きたいから・・・
時間が掛かります・・・その上、乱文ばっかり!(苦笑)

麺クン、美羽サン、amuka*サンを通じて
オイラがコレから自分の世継ぎを授かった時に
tamaサンのようでありたいって想えることに
出会えたコトが、何より嬉しいのです!
今回、勝手なお願いを了承いただき、本当に
アリガトウございます!ココロから感謝!!

ichi-gou | 2010/06/09 00:32

>Airサン

オイラの思い込みかも知れませんが・・・
仰ることは、オイラに伝わってると思ってます

夢が記憶を整理するために、絶対不可決な
存在であるように・・・
頭の中を巡ったものを書き留めたり伝えるために
変換する作業は、『自己』を知ろうとする大きな
手段だと思います

ある意味、ここ数日のエントリは、オイラの日記のような(?)
ハッ!!blogってそういうものですよね!(笑)
でも、オイラは、教えられた『大きなもの』を深く
自分の内に鎮めるステキな時間でもありますたぁ〜!

chuchu | 2010/06/08 23:48

ご紹介ありがとうございます。
私は娘から「ほんまに子供やな」と言われる親父です。オンラインゲームでは私より年上の人と出会うことも無く、会社では仕事よりもイタズラをすることに情熱を傾け、失せてきた記憶力と、限りない好奇心との狭間で揺れている53歳です。

小学生の頃、精神的に一大転換を行いましたが、それ以降あまり変化は見られないので、たぶん5年生で進歩は止まっています。

それはさておき、私が写真を撮る目的は、私自身です。私の感動や思い、そして愛情などを撮りたいと思っています。ブログやネットに投稿している以上、人を意識しないわけには参りませんが、それ以上に家内に見せることが最大の目的で、歳をとっていき、言葉によるコミュニケーションが減っていった分、写真で補おうとしています。そして私が死んだ時、私が残した家内の写真を見て、私がどれだけの愛情をもっていたか、少しでも理解してもらえればいいななんて思っています。

美しい写真もそれほどでもない写真も、そういう基準においては、私にとってはあまり意味を持ちません。それより人となりが見えてくる写真が興味深いです。

長々としたコメントになりましたが、ありがとうございました。

tama | 2010/06/08 23:11

・・・・・・・(T▽T)
大人になってこんなに褒められたの
久しぶりすぎて感動しました。

ちょっぴり恥ずかしい日常や
小さくて他愛のない感動を
淡々と綴っているブログですが
少しでも多くの人に
何かを伝えられたらいいなと
思ってます。

しかし1つの記事に3時間とは・・・。
お疲れ様です、親分。

Airのように | 2010/06/08 22:47

言葉ってとっても大切だと思います。
でも頭の中に巡った大きな大きなものを書き留めたり、誰かに伝えたりする為に変換しているモノです。
そして考えをまとめ、理解するために欠くことのできないモノでもあります。
そう思って最近は毎日思ったことを少しだけでもノートに綴っています。
あれ、何か全然関係ないことを書いちゃったかなぁ?(笑)

Trackback

http://colorful-ion.jugem.jp/trackback/414